職員紹介

職員紹介
松村 奈穂子

商品部 農産グループ

2004年入職

松村 奈穂子

組合員と産地を結びつけ両者の満足を考える

続きを読む

 「東都生協の野菜はおいしい」そんな組合員さんの期待に応えるために、東都生協は100%産地直結です。その中で産地と組合員の間に入るのが農産グループです。産地との商談で「この時期ならこの野菜がたくさん収穫できそうだ」という声をいただくと、その時期に向けたキャンペーンなどのセール企画を立て、化学合成農薬・化学肥料を控えた鮮度の高い野菜を無駄なく組合員へ販売します。以前、ある組合員からの「在来種の野菜を食べたい」というご希望を産地に伝え、在来種の小松菜を作っていただいたなど、農産グループは組合員の声を企画につなげられるよう取り組んでいます。

 また、単に産地に野菜を作ってもらい、引き取るだけでは普通の小売業の野菜販売と変わりません。東都生協の強みはその組織力と経験値の高さです。仮に産地で課題があれば、それを共に解決するために私たちも動きます。産地の担い手不足等の課題もありますが、東都生協は若手生産者・若手職員が共に課題に取り組む新世代チャレンジプロジェクトを行っています。 

 共に助け合う姿勢は働く環境においても同じ。お互いの弱点を補い合って、想像以上に幅広い仕事と人に出会えるのが東都生協です。入職当初、配送トラックの運転は不安でいっぱいでしたが、ここも先輩のヘルプをもらいながら次第に慣れました。東都生協にたくさんの組合員から注文が届くのは、それだけご支持をいただいているということ。それは産地への称賛の声でもあります。両者をつなぐ私にとって最もうれしいことの一つです。 

続きを読む

由井 康幸

WEB推進室 主任

1998年入職

由井 康幸

東都生協には「想い」があります

続きを読む

作る人と食べる人が、常にお互いの顔を思い浮かべながら作ってきた強い絆の上に、東都生協の産直は成り立っています。設立から40年以上経っても一つの生協として生き抜いている理由は、そこにあると思います。
東都生協は「産直」という言葉がまだ珍しかった1973年に設立されました。諸先輩方から、以前は「産直」というだけで支持されたという話を聞いたこともありますが、世の中に「産直」が定着している現在において、単に「産直」というだけでは差別化が難しくなっています。
 私はこれまで長年にわたり、新規組合員拡大の仕事に携わってきましたが、本来最も伝えなければならないものであり、また伝えるのが難しいものが東都生協の「産直」です。
単なるもののやり取りではなく、作る人と食べる人がそれぞれを想い、常にお互いを支え続けていく信頼関係。それが東都生協の「産直」の特徴であり、私たち職員は自信をもって「産直」を語って行かなければなりません。
先日、公式東都生協You Tubeチャンネルに2つの新しい動画コンテンツをつくりました。東都生協の今を伝える「TOHTO TV」、産直をより身近に感じていただける「行ったつもりシリーズ」です。東都生協の「産直」がわかります。ぜひご覧ください。さらにweb面の充実をはかっていきます。

続きを読む

山越 成将

共同購入事業部 第2エリア 世田谷センター チーム長

2014年入職

山越 成将

配送は組合員の声を実際に形にする“窓口”

続きを読む

 入職前に東都生協の配送センターで、実際にトラックに同乗して組合員と担当職員のやり取りを見学しました。正直コミュニケーションに不安があったのですが、組合員の方々がプライベートな話を笑いながらされる姿を見て安心しました。東都生協の配送の仕事は単なる宅配とは大きく違います。私たちは東都生協を代表する窓口であり、組合員の声から課題を見つけるコミュニケーションを大切にし、声を形にするための努力が必要であると同時にそれが評価される仕事です。

 月に1回しか商品案内に掲載されないコーヒー牛乳を、おいしいからとまとめ買いされている組合員さんがいらっしゃいました。他の組合員さんからも人気の商品でしたので、企画回数を増やして欲しいと商品部に要望した結果、月1回から2~3週に1回掲載になった時はうれしかったです。

 東都生協はCO・OP共済も取り扱っており、専門的な内容には専門部署が対応しますが「一人暮らしの私に合う共済はどれ?」などのお問い合わせに私が対応することもあります。 当初は私も運転が心配でしたが、5年目の今日まで無事故で来られました。新人の運転には特に時間をとっています。配送センターは基本的に土日休みで残業は少ないです。実力があれば若手でセンター長を務める人もおり、実際に世田谷センターでは30代のセンター長が頑張っています。若手にチャンスをくれる風土もある組織です。

続きを読む

木村涼子

共同購入事業部  第2エリア 共済推進リーダー

2014年入職

木村涼子

学び続けることで成長を実感しています

続きを読む

入職して7年目を迎えますが、日々多くのことを学び続けています。
生活に関わる商品一つ一つに理念が刻まれていることが、東都生協の一番の強みだと思います。「産地直結」に感動し、賛同した沢山の人々の熱い想いが、商品に活かされ、40年以上の歴史につながりました。私もその背景にあるストーリーに心をつかまれた1人です。
 最初に配属されたセンターでは、組合員さんに商品の配送を通じて「生産者の声」を届けることが本当に好きでした。産地を訪問し、生産者と消費者をつなぐ「お互いの顔が見える産直」を実現できることを体験したからです。
また、学びの場を作ることにも力を注ぎ、知る楽しさと伝える喜びを感じながら仲間と共に成長することができました。
 現在は、生活に欠かせない「もしもへの備え」、安心を提供する保障商品「CO・OP共済」を組合員に伝えることが私の仕事です。
「組合員さんの暮らしに必要なことは何か」を常に考え、「選択」によって変えられる未来があることを多くの方に伝えていきたいです。

続きを読む